column

肌を傷つけない正しいシェービング剤の選び方

T字カミソリ、髭剃りを使用する男性にとって、シェービング剤は不可欠です。なぜなら、乾いた髭は銅線と同じくらいの硬さを持っていると言われており、そのまま剃ろうとしてしまうと、肌に負担をかけてしまう危険性があるからです。

肌を傷つけない正しいシェービング剤の選び方
 

シェービング剤の種類と特徴

 
T字カミソリ、髭剃りを使用する男性にとって、シェービング剤は不可欠です。なぜなら、乾いた髭は銅線と同じくらいの硬さを持っていると言われており、そのまま剃ろうとしてしまうと、肌に負担をかけてしまう危険性があるからです。シェービング剤の特徴として、髭を根元から柔らかくする効果があり、また、刃の滑りを滑らかにし、肌を守る効果もあるので、仕上がりもすべすべの肌になります。
 
シェービング剤にはいろいろな種類があり、ジェルタイプやフォームタイプ、ジェルフォームタイプなどの種類があります。それぞれに適した役割やニーズがあるので、用途に合わせて選ぶことができます。
 
例えば、ジェルタイプのものは透明なため、肌につけた時に剃る部分が見えやすいです。剃り残しが気になる人はジェルタイプのものを選ぶとよいでしょう。優しく肌を守りたい人には、フォームタイプがお勧めです。フォームタイプの特徴として、クリーミーな泡が肌を包み込むので、シェービング時に肌を守ってくれます。
 
また、しっかりと深剃りしたい人向けには、ジェルフォームタイプが適しています。初めはジェルが髭に密着し浸透するため、髭を剃りやすい状態にしてくれます。肌にすり込むと泡に変わるため、滑らかに深くまで剃れるのが特徴です。

肌を傷つけない正しいシェービング剤の選び方
 

シェービング剤の選び方と使い方

 
シェービング剤はドラッグストアやコンビニの男性用整髪剤近くのコーナーや、メンズコスメコーナーに置かれています。初めのうちは一般的で使いやすいジェルタイプのものを購入するとよいでしょう。ジェルタイプのものは値段も高くなく、購入しやすいので初心者にもお勧めです。
 
どのシェービング剤を選ぶ際にも言えることですが、シェービング剤は髭を剃るたびに直接肌につけるものなので、余計な成分が入っていないものを選ぶのが賢明です。無香料・無添加で、アロエエキスやヒアルロン酸などの保湿・うるおい成分が配合されているものを購入しましょう。
 
特に、肌が弱い人には普通のシェービング剤では刺激が強すぎて肌が荒れてしまうこともあります。そのような人は、低刺激性のものも売られているので、つけた時に刺激が少ないタイプのものを選ぶとよいでしょう。
 
また、髭を剃る際には、シェービング剤を乾いた髭につけるのではなく、洗顔後、蒸しタオルなどで髭を柔らかくしてからシェービング剤をつけるのが推奨されている方法です。毎回蒸しタオルを使えない場合でも、剃る前にはお湯で洗顔したりして髭を柔らかくしておいた方が肌へのダメージは少なくなります。