column

敏感肌にお悩みの男性にオススメの洗顔方法とは?

外部からの刺激に弱く化学物質にアレルギー反応を起こしやすい肌質の人は、敏感肌の可能性が高いです。不規則な生活習慣や過度なストレスによって刺激に弱くなってしまうことも。敏感肌の男性はどのようにケアすればいいのでしょうか?

敏感肌にお悩みの男性にオススメの洗顔方法とは?
 
外部からの刺激や摩擦に弱かったり、化学物質にアレルギー反応を起こしやすい肌質の人は敏感肌の可能性が高いです。
 
これは持って生まれた体質だけでなく、不規則な生活習慣や過度なストレスによって健康的な肌に本来備わっているはずのバリア機能が衰えて、刺激に弱くなってしまうこともあります。
このような敏感肌の男性は、どのように洗顔をすればいいのでしょうか?

肌を守っているバリアとは

肌は水分量が低下して表面がカサついて乱れた状態になると、細菌や雑菌に対するバリア力が弱まってしまいます。
肌の最表面にある角質層には水分を保持するための力が備わっており、皮脂が分泌することによって皮膚の表面が薄い膜に覆われます。
その薄い膜が少量の紫外線や摩擦などの外部からの刺激から肌を守ったり、皮膚の水分を蒸発させないように蓋をしているのです。
 
角質は、古くなった細胞が肌の奥で生産された新しい細胞に押し出されるようにして生まれ変わります。
人間の体は、こうして健康的な皮膚の状態を保っています。
この新しい皮膚に生まれ変わる周期のことを「ターンオーバー」といい、ターンオーバーが正常に行われている人ほど、皮膚を美しく健康的に保ちやすいといわれています。

必要以上に皮脂を取り過ぎない

敏感肌にお悩みの男性にオススメの洗顔方法とは?
 
男性は女性よりも皮脂の分泌量が多いため、皮脂を除去することばかりに注意が向いてしまいがちですが、敏感肌の男性の場合は皮脂を取り過ぎないことが重要です。
敏感肌の男性が洗顔をするときには、防腐剤やアルコール分などが含まれていない無添加の洗顔石鹸の使用をオススメします。
洗浄力が強すぎる洗顔料を使用すると、肌に必要な皮脂まで取り去ってしまい、刺激を与えてしまう恐れがあるためです。
 
まず人肌程度まで温まったぬるま湯を使用して、丁寧に予洗いをしましょう。
次に洗顔ネットで洗顔石鹸を充分に泡立ててから、指と皮膚の間に泡のクッションを敷くようにしてやさしく洗うと、汚れが落ちやすいですよ。
洗顔ネットはドラッグストアや100円ショップなどで手に入るので、ぜひ活用してみましょう。
 
また、毎日髭剃りを使ってシェービングを行っている場合は、皮膚に与えるダメージは大きくなります。
必ず肌質に合ったシェービングクリームを使用して肌を保護し、剃り終わった後はアフターケアを行いましょう。

乾燥する部分を保湿する

皮脂には肌の水分を蒸発させない役割があるため、肌に水分が足りていない状態だと肌を守るために過剰に皮脂を分泌することもあります。
肌を保湿するためには化粧水やローションを使用しますが、爽快感のあるメントール成分が配合されたものや、防腐剤、アルコールなどが添加されていると、敏感肌の人にとっては刺激が強すぎるおそれがあります。
 
防腐剤やアルコールは品質を保つ目的で添加されますが、量が多すぎると肌に必要な常在菌のバランスに影響を与えてしまったり、アルコール分が蒸発する際に肌の水分を奪ってしまう恐れがあるということを覚えておきましょう。
できるだけ肌にとって余分なものが添加されていない化粧水やローションで、肌の水分を補ってあげることをオススメします。