column

第2弾!オイリー肌男子へ告ぐ、正しい乳液の使い方!

男性に多いのがオイリー肌です。肌の表面がいつもテカテカしていたり、顔から自然に分泌される皮脂で触るとベタベタしたり、顔の上に油分が溜まってしまうという人です。ひどい人になるとラードのようなものが顔の上にできることも。そんなオイリー肌、メンズコスメを使うことで改善できる場合が…!

オイリー肌男子のための乳液の使い方
 

男性に多いオイリー肌、でもどうしてそうなるの?

男性に多いのがオイリー肌です。これは肌の表面がいつも油でテカテカしていたり、顔から自然に分泌される皮脂で触るとペタペタする、あるいはベタベタしたり、顔の上に油分が溜まってしまうという人です。ひどい人になるとラードのようなものが顔の上にできることもありますね。この場合、メンズコスメを使うことで改善できる場合もあります。
 
オイリー肌の場合はもともと食生活が原因だったり代謝が活発で油分もよく出る場合など、いろいろな場合があります。その理由のひとつに肌の乾燥があり、潤いがない肌だからこそ油分が余計に多く出て肌を保護しようとするのです。
 
しかし、それが原因でニキビができたり、肌が荒れることもあります。見た目を整えるというよりは肌を保護することが大事ですから、少し肌荒れが起きるよりも肌を保護する方を優先させる事になり、その結果肌が汚くなってしまうのです。
 
こうならないために使いたいのが乳液です。乳液は少し油分が多いのですが、使ってみると徐々に皮脂の過剰分泌を改善させ、肌を綺麗にしていってくれます。肌の状態が整うと皮脂の分泌も抑えられ、最終的に肌がより一層きれいになりますので、ぜひ使いましょう。

オイリー肌男子のための乳液の使い方
 

オイリー肌男子向けの乳液の使い方

乳液の使い方はとても簡単です。ここでは一般的な使い方を紹介しますが、商品の説明書や箱の説明などを読んでから使うようにしましょう。
 
まずは洗顔を行います。洗顔は顔の汚れを落とすもので、メンズ用を使いましょう。
次に化粧水です。化粧水は手でつける場合もあればコットンでつける場合もあります。顔全体にまんべんなくつけ、肌を保湿させることがポイントです。
 
その後に乳液を使います。量は大体小指の先ほどの大きさで構いません。ただし一度使ってみて何となく足りないように感じるのなら、ごく少量ずつ追加していき、自分にとって適切な量を探しましょう。また、説明書にこの位の量を使うとあれば、まずはその量を試してみます。
 
乳液を両手のひらに広げ、顔につけます。顔全体にむらなくつけること、肌にしっかりなじませることを考えましょう。この時、パンパン叩いたりする人もいますがそれは良くありません。
叩くのなら音が出ない程度の強さで優しく叩きましょう。もちろんすべらせて顔全体に広げても構いません。小鼻や目のギリギリの肌などの細かい部分は指先を使って伸ばします。
 
最後に顔全体を両手のひらで抑えて完了です。ベタつきが気になるのならティッシュでそっと押さえて取りましょう。