column

男のオイリー肌を改善!化粧水の正しい使い方とは?

テカテカオイリー肌に悩んでいる方、化粧水や乳液を控えたりしていませんか?メンズコスメ全般に言えることですが、節約して使おうとすると本来の効果を発揮できません。男のオイリー肌における正しい化粧水の使い方とは?

男のオイリー肌を改善する!化粧水の正しい使い方
 

化粧水はたっぷり使うのがコツ

オイリー肌に悩んでいる方は、たっぷりと化粧水を使用してください。メンズコスメ全般に言えることですが、節約して使おうとすると本来の効果を発揮できません。
 
パッケージには目安量が記載されているはずなので、30日分ならその期間内で使い切るようにしましょう。40日も持ってしまうようでは使用量が少ないので、本来の効果を発揮できません。医薬品と同じく、用量を守るからこそ本来の効果を発揮してくれるのです。十分に保水されたお肌はプルプルになり、寝起きの状態でも弾力性に富んでいます。
 
保湿が不十分になると肌が乾燥しますが、意外にも乾燥からオイリー状態になってしまうことが多いのです。なぜなら、肌には自動修正機能があり、乾燥した場合は積極的に皮脂分泌を始めるため、乾燥からいきなりオイリー状態になってしまうからです。
 
毎日洗顔をしているのに肌がギトギトになってしまう場合は、保湿が不足している可能性があります。洗顔後にそのままの状態にして一晩置くとわかりますが、いつもより肌がギトギトになっているはずです。洗顔という行為は肌の水分を奪ってしまうので、そのままの状態にしておくと乾燥を招いて、そこからオイリー状態に進行します。

男のオイリー肌を改善する!化粧水の正しい使い方
 

オイリー肌改善には潤いが大切

オイリー肌を改善するには肌に十分な潤いを与えていく必要がありますが、これは何も水分だけではありません。化粧水を使用して水分を与えたら、今度は乳液やクリームなどで水分を蒸発させないようにフタをします。油膜が水分の蒸発を予防するので、水分と油分の両方を与えていく必要があるのです。
 
ニキビ肌を改善したいから乳液やクリームは避けているという方がいますが、これはまったくの逆効果になっています。肌に油分は不要と考える男性は多いでしょうが、これは過剰な場合だけです。適量の油分まで奪ってしまうと、急激に皮脂が増えてオイリー状態になってニキビの原因となります。皮脂量をコントロールするためにも、洗顔後は必ず油分を与えてあげましょう。
 
あとは食生活の改善をして、動物性脂肪をあまり摂らないように注意します。動物性の食品はスタミナ増強に役立ちますが、多くの男性は摂り過ぎている傾向があります。
最近は食生活が欧米化しており、必要以上に動物性食品を摂ってしまい、それがニキビなどの肌トラブルの原因になっています。肌状態が安定するまで日本食をメインとしたメニューにし、肌がどう変化していくのか観察しましょう。