column

男性のテカリ対策、正しいスキンケアでオイリー肌対策

オイリー肌やテカリにコンプレックスを持っている人はたくさんいます。「男性だから」「肌質だから」って、あきらめていませんか? テカリやオイリー肌は正しいスキンケアを行えば、対策ができるのに、やり方が分からないという男性も多いみたい・・・。

オイリー肌やテカリにコンプレックスを持っている人はたくさんいます。「男性だから」「肌質だから」って、あきらめていませんか? テカリやオイリー肌は正しいスキンケアを行えば、対策ができるのに、やり方が分からないという男性も多いみたい・・・。

男性のテカリはどうして起こる?

男性のテカリはどうして起こる?
Source:フリー写真素材ぱくたそ
同じ部屋にいても、女性は涼しい顔をしているのに、男性だけ顔が脂ぎっている・・・なんてこと、よくありますよね。
テカリの原因は余分な皮脂の分泌です。皮脂は、男性ホルモンの影響で分泌されるので、男性ホルモンの多い男性の方が女性よりも皮脂が多くなるのは当たり前なんです。

皮脂は何のために分泌される?

皮脂は何のために分泌される?
Source:フリー写真素材ぱくたそ
オイリー肌の人にとっては、皮脂って嫌なものですよね。でも、皮脂には大切な役割があるんですよ。
肌はいつも外界にさらされています。外から侵入しようとする雑菌や、紫外線などの悪影響から肌を保護しているのが、皮脂なんです。
皮脂は肌の表面で薄い膜のようになり、肌を守ってくれています。だから、肌にとって、ある程度の皮脂は必要なものなんです。

スキンケアでテカリ対策ができる!

皮脂は何のために分泌される?
Source:フリー写真素材ぱくたそ
肌のテカリは、皮脂の分泌量が多すぎることが原因です。つまり、皮脂量をコントロールできれば、テカリは予防できます。
毎日のスキンケアを正しく行うことで、テカリ対策ができます。「スキンケアなんて、やったことがない・・・」「やり方がわからない・・・」という人も、簡単にできるので、試してみてくださいね。

基本のスキンケア

簡単にスキンケアについて説明しておきます。基本のスキンケアは3ステップです。
洗顔→化粧水→乳液
 

洗顔

まず、洗顔。余分な皮脂や汚れを取り除き、皮膚を清潔にします。ここで、きちんと汚れを取り除くことで、この後のスキンケアで補う保湿成分が浸透しやすくなります。
 

化粧水で保湿

洗顔後は肌の水分が失われた状態です。化粧水を使い、しっかりと水分を補充します。
 

乳液で保護

ほとんどの化粧水にはアルコールが使われているため、蒸発が速くなります。これを防ぐために乳液などで肌の表面にベールを作り、補った保湿成分が逃げないように閉じ込めます。

テカリ対策で気を付けたいこと

このスキンケア方法は、どんな肌質の人にも共通の、基本的なスキンケアの方法です。
皮脂やテカリを気にする人には、特に気をつけてほしいことがあります。
 

1.洗顔しすぎない

洗顔は、朝と夜の一日2回までにしましょう。
一日に何度も洗顔すると、お肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。ある程度の皮脂は肌を守るために必要なものです。皮脂が少なくなりすぎると、脳は皮脂量が足らないと思って、もっと皮脂を分泌するように指令を出してしまいます。
日中どうしても気になる人は、水やぬるま湯でさっと洗い流すくらいの洗顔にしてくださいね。
 

2.泡でやさしく洗う

洗顔剤を使って洗顔する時は、手のひらでしっかり泡立ててから顔にのせるようにします。泡で顔をやさしくマッサージするような感じです。そのあと、すすぎは丁寧に行います。
洗顔後、タオルでごしごしこすって「あー、さっぱり!」なんて、やっていませんか? 肌に「刺激」は禁物です。
洗顔後の水分をタオルに吸収させるように、清潔なタオルを使ってやさしく肌を押すようにタオルドライしてください。
 

3.洗顔は人肌程度のぬるま湯で

洗顔の際には、人肌程度のぬるま湯で行いましょう。
油っぽさが気になる人は熱いお湯の方が油分が取り除けそうな気なします。しかし、熱いお湯で洗顔してしまうと、そのあとの乾燥が激しくなるため、余計に皮脂が分泌されることになります。
 

4.保湿ケアを怠らない

オイリー肌を気にする人の中には、肌がべたべたするから洗顔後の保湿ケアをしないという人もいます。これ、実はNGです。
水分と油分は異なります。オイリー肌の人の中には、べたつくのに肌の内部の水分が不足している「隠れ乾燥肌」の人が多いんです。
洗顔後、肌が乾燥したまま放っておくと、余計に皮脂を分泌させることにもなります。洗顔の後は、しっかり保湿ケアを行いましょう。
 

5.ビタミンB2とB6を摂ろう

皮脂コントロールに関わっている栄養素は、ビタミンB2とB6です。特に、ビタミンB6が不足すると、ニキビができやすくなります。
テカリが気になる人はこれらの栄養素を含む食品を摂るようにしましょう。
ビタミンB2は、うなぎ、サバ、乳製品、たまご、緑黄色野菜に多く含まれています。ビタミンB6は、マグロ、カツオ、サバ、アジなどの魚類や、レバー、豚肉、納豆、アボカドなどに含まれています。

【まとめ】毎日のスキンケアでテカリ対策を

いくら肌に必要なものだといっても、余分な皮脂でべたべたしていると、「清潔感」がないように見られてしまいます。
テカリやオイリー肌は、単なる体質や肌質ではありません。毎日のスキンケアや食事で行う皮脂コントロールから始めてみましょう。