column

日焼け止めのSPF、PAって何?数字が大きい方がいいの?

もうすぐ夏も終わりを迎えようとしていますが、日が照っている日はまだまだ紫外線の強さを感じます。ところで、日焼け止めのSPF、PAの数値についてはご存知でしょうか?意味を知っているのと知らないのとでは、その後の肌対策も大きく変わってくると思います!日焼け止めのSPF、PAについてここでばっちり学びましょう!

日焼け止めのSPF、PAって何?数字が大きい方がいいの?
 

数値が大きいと肌への負担も大きくなります

 
日焼け止めのSPF、PAの数値は紫外線を防ぐ効果を数字で表したものです。SPFは、紫外線B波(UVB)を浴びたときに肌が赤くなってしまうまでの時間を何倍にのばすことができるのかを数値化したものです。
 
20分から25分が1単位になっています。SPF10の場合、十倍の時間数、紫外線を防ぐ効果が期待できます。ただし、この目安は1平方センチメートル当たり2mg塗ったときという前提があります。本当の効果を得るには、それなりの量をしっかり塗ることが必要です。
 
PAは、シミやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)を防ぐ力がどれだけあるかを表す数値です。++++、+++、++、+と四段階あり、+の数が多いほど防ぐ力は高くなります。
数値が高ければ良さそうなイメージがありますが、数値が高くなると肌への負担も大きくなります。そのため、場面に合った数値のものを使い分けたほうが賢明です。日常生活を送るときとレジャーのときでは紫外線を浴びる量が違ってくるからです。
 
必要以上に数値の高い日焼け止めを選ぶのは肌への負担を考えると避けたほうがよいです。紫外線にあまり当たらない日と、日差しの下にいる時間が長い日とで、日焼け止めは使い分けるとよいです。

日焼け止めのSPF、PAって何?数字が大きい方がいいの?
 

効果を得るには使い方が大事

 
日焼け止めの効果を得るには使い方が大事です。数値が高ければ安心というわけではありません。なぜなら汗で流れてしまったり、タオルなどで拭いたときに取れてしまったりするからです。
 
数字が大きい方を選んで朝一度塗ったまま一日終えるのと、数字が低い方を選んでこまめに塗りなおすのでは、塗りなおすほうがおすすめです。数値が低ければ肌に負担も少なく、紫外線を防ぐことができるからです。効果を得るには数値の高いものを考えなしに選ぶより、使い方に工夫をしましょう。
 
メンズコスメの中から肌に合う日焼け止めを選んだら、状況に合わせて使い分けましょう。紫外線吸収剤は肌荒れの原因になることがありますし、紫外線散乱剤は肌の乾燥を招いてしまう恐れがあるからです。数値が高ければその分、肌への負担も大きくなります。レジャーのときには数値の高いものを使い、あまり紫外線を浴びない日には数値の低いものを使うほうが安心です。
 
役割を終えた日焼け止めは落とすことも重要です。なかには専用のクレンジング剤を使って落とさなければいけない日焼け止めもあります。塗るだけでなく、落とすことも確実に行うことが大切です。説明書に従って正しく落としましょう。