column

荒れた唇は男を下げる!? 男性のためのオススメ唇ケア方法

唇が乾燥しやすい季節。放っておくと悪化し、唇が切れてしまうこともあります。デートや仕事の時にも「唇の荒れ」は相手にあまり良い印象を与えません。日々の唇ケアで、いつでも自信の持てる唇をキープしていきましょう。冬こそしっかり対策しておきたい、「唇の保湿ケア方法」をご紹介します。

荒れた唇は男を下げる!? 男性のためのオススメ唇ケア方法
唇は他の部分よりも角質層が薄いため、乾燥し荒れてしまいやすい部分です。
特に空気が乾燥に傾きやすい冬の唇は乾燥しやすく、放っておくことで悪化しひび割れや出血を引き起こすことも少なくありません。
 
また、唇がガサガサだと、相手に「だらしない印象」を与えてしまうことも……。
冬こそしっかり対策しておきたい、「唇の保湿ケア方法」をご紹介します。

リップクリームでケア

いつでもどこでもできる唇の保湿ケア方法として有効なのが「リップクリーム」です。
ポケットに入れておくだけでいつでも唇ケアができるので、ぜひ常に持ち歩いてほしいアイテムです。
 
塗る時には、横方向でなく唇の縦シワに沿った「縦方向」で塗っていくのが正解。
押し付けたりせず、なるべく唇に刺激を与えないよう意識して優しく塗っていきましょう。
 
唇の荒れがひどい場合には医薬品のリップクリームがオススメ。
唇の荒れを治し角質層の健康を取り戻してくれますよ。
 
しかし実は、リップクリームの使い過ぎはNG!
常時リップを塗っていると細胞のターンオーバーを阻害してしまい、「リップクリームを塗らないと唇が荒れる」という状態になってしまいます。
リップクリームを塗るのは1日に3~5回程度に抑えましょう。

マスクを使うのも◎

マスクを使うのも◎

唇の乾燥は、空気の乾燥とも深く関係しています。
空気の乾燥が激しい冬の期間は唇も乾燥しやすくなるのです。
加湿器などで部屋の湿度を上げることを心がけましょう。
 
加湿器よりお手軽でどこでもできる保湿対策は「マスク」です。
自分の呼吸によってマスク内の湿度を高めることができるので、唇の乾燥ケアに効果的です。
 
マスクにはさらに、唇の乾燥の大きな原因のひとつである「口呼吸」を防ぐ効果もあります。
睡眠時にマスクをして寝ると、唇の乾燥はもちろん喉の乾燥も緩和されますよ。

蜂蜜パックでスペシャルケア

「リップクリームが恥ずかしい」「仕事柄人前でマスクはできない」という方もいるかもしれませんね。
そんな場合は、自宅に帰ってから唇の「蜂蜜パック」を取り入れるのがオススメ!
 
やり方は簡単で、唇に蜂蜜を塗りその上に小さく切ったラップを貼り付けて、10分程度待てばOK。
特に入浴後に行うと、柔らかくなった唇に蜂蜜の保湿成分が浸透するので、より効果的です。
 
蜂蜜には殺菌・消炎作用もあるため、唇が荒れている時に行っても問題ありません。
ただし、蜂蜜を唇にゴシゴシ塗り込んだり擦ったりするのは絶対にNG。
乱暴に行うと唇に対する刺激となり、乾燥や荒れを助長させてしまいます。
 
この蜂蜜パックのオススメ頻度は1週間に1回。
定期的に行うことで少しずつ唇の状態を改善することができるはずです。
 
デートや仕事の時にも「唇の荒れ」は相手にあまり良い印象を与えません。
日々の唇ケアで、いつでも自信の持てる唇をキープしていきましょう。