column

正しい方法で健康な髪の毛を! メンズヘアケア方法

健康な髪の毛を保つ方法にはさまざまな方法があります。しかし、一概に「これが絶対効果あり!」と言い切れないのがヘアケアの難しいところです。ここでは、髪の毛に悩んでいる男性に向けてヘアケアの基本を紹介します。

正しい方法で健康な髪の毛を! メンズヘアケア方法
抜け毛など髪の毛に関するトラブルは非常に多くの男性を悩ませていることでしょう。
世間には髪の毛を健康に保つ方法が数多く紹介されています。
 
しかし、その多くは個人の体質によるものもあり、効果がある人と無い人で、賛否が分かれるところです。
そこで今回は、髪の毛で悩むメンズに基本的なヘアケアを紹介していきます。

シャンプーは自分に合っているものを

長年使っていると愛着が湧いてきて他のものを使うきにならないのが人情というものですが、髪の毛に関しては心を鬼にしましょう。
男性の場合、女性に比べると頭皮からの皮脂分泌量が多いので男性向けシャンプーは、非常に洗浄力が高くなっているのが基本です。
 
しかし、この皮脂分泌量にも個人差はありますし、年齢によって減少もしていきます。
ある程度の年齢になっても、若いときと同じ洗浄力のシャンプーを使っていると、頭皮にダメージを与えてしまう恐れもあります。
自分の年齢や皮脂分泌量によってシャンプーを適時変えていくことも健康な髪の毛のために重要なことです。

洗髪は力を入れない、爪を立てない

髪の毛を洗うとき、多くの男性がやってしまうのは、爪を立ててゴシゴシと頭を洗ってしまうことです。
スッキリ感が得られるので、そのような方法で洗髪する気持ちは分かります。
 
しかし理容室や美容室で頭を洗ってもらうとき、そのようにゴシゴシと力を入れて頭を洗われたことは無いと思います。
 
頭皮は、指の腹で優しくこする程度で充分な清潔さを保つことができます。上記にも説明しましたが、男性向けシャンプーは洗浄力が高いのでそれほど力を込めなくてもしっかりと汚れを落としてくれますよ。
 
なお、シャンプー前にしっかりとお湯で頭皮を温めると皮脂が浮いて落としやすくなります。
そうすることで、シャンプーの使用料を減らして頭皮ダメージを少なくすることができるのでオススメですよ。

トリートメントは必要ない?

女性がトリートメントを行なうのは、男性よりも髪の毛が長いので、絡まりやすく傷つきやすいことから、保護力を高める目的によるものです。
 
短髪の男性がトリートメントを行なったとしてもあまり意味が無いことも多く、体質にあっていなければ、かえって頭皮にダメージを与えてしまうことになります。
 
また、男性でも髪の毛が長いヘアスタイルの場合はトリートメントでケアしてあげる必要があります。
トリートメントに頭皮保護成分が含まれているものもありますので、目的や状況に応じて使い分けていくことがポイントです。

ノーシャンプー洗髪法で見極めを

自分の皮脂分泌量が多いのか、少ないのかは、ノーシャンプー洗髪法で試してみるといいでしょう。
この方法はハリウッドセレブから生まれた女性向けのヘアケア方法で、洗髪するときはお湯だけを使用し、自分の皮脂のみで髪の毛を保護しようとする美容方法です。
 
このノーシャンプー洗髪法で自分の皮脂量を確認するのもシャンプー選びに役に立つことでしょう。
温めのお湯(32~35℃)で洗髪後、1日経たずにベトついてくるなら普通の男性向けシャンプーを選び、そうでないなら洗浄力が弱いシャンプーを選ぶようにしましょう。
正しい方法で健康な髪の毛を! メンズヘアケア方法
自分に合った正しいヘアケアをするためには、自分の頭皮が乾燥しているのかオイリーな肌なのかを見極めることから始めるのがポイントです。
間違ったケアを続けないためにも、季節の移り変わりなど定期的にチェックするのが大切ですよ。