column

その方法間違ってるかも?!まずは基本中の基本、正しい洗顔を学ぶべし

男女問わず美肌の人の第一印象の好感度は高くなります。プライベートな場面だけではなく仕事の面でも美肌な男性は「しっかりと自分の体調にまで管理が出来ている人だ」という印象を持たれやすくなります。スキンケアの基本中の基本の洗顔。まずはその正しい方法について学びましょう。

その方法間違ってるかも?!まずは基本中の基本、正しい洗顔を学ぶべし
 

男性の肌の特徴を知ろう

 
男女問わず美肌の人の第一印象の好感度は高くなります。プライベートな場面だけではなく仕事の面でも美肌な男性は「しっかりと自分の体調にまで管理が出来ている人だ」という印象を持たれやすくなります。
 
もともと男性は女性に比べると男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多いため、顔が皮脂でべたつきやすいという特徴があります。皮脂を洗顔で綺麗に洗い流すことができないと毛穴をふさいでしまってそこにさらに皮脂が溜まって行くのでニキビができやすくなったり、肌荒れを引き起こしやすくなっています。皮脂の分泌量が多いため肌から水分が蒸発するのは防げるのですが、肌の表面は良くても肌の内部の水分量は少ないという特徴も男性特有のものです。
 
肌内部の水分量が不足するとインナードライ肌になってしまい、肌のハリを保つことができなくなるのでしわやたるみの原因になってしまいます。また、男性は髭を毎日剃る刺激が肌にダメージを与えてしまいます。髭と一緒に肌の皮脂や角質を削ってしまうことがその原因です。
 
美肌を保つために食事の内容を変える、しっかりと保湿をするという方法もありますが、基本はきちんと洗顔を行って余分な皮脂を洗い流すことです。これは男女問わず美肌のための基本です。

その方法間違ってるかも?!まずは基本中の基本、正しい洗顔を学ぶべし
 

美肌のための洗顔法とは?

 
メンズコスメの特徴は、皮脂の分泌量が多い男性が使うものなので女性用に比べると洗浄力が高いという特徴があります。そのため、皮脂が洗い流されやすくなっています。「皮脂はニキビを作るし、余分なものじゃないの?」と思うかもしれませんが、肌のためにはすべて洗い流すとバリア機能を弱めてしまい、細菌など外部の刺激に対抗できなくなってしまいます。
 
また、皮脂が少なすぎると肌は今までの分泌量では少なすぎると判断して分泌量を増やしてしまいます。必要な皮脂は残しながら、不要な皮脂を洗い流す洗浄力を持っているものを使うようにし、洗浄力の強すぎるものは避けるようにしましょう。また、面倒だからシャワーの時のボディソープで顔を洗うという人もいますが、顔と身体では皮脂の分泌量が全く違うためおすすめできません。洗顔料を購入して使うようにしましょう。
 
男性に多いのは泡立てた洗顔料でごしごしと顔をこすってしまうことです。力任せに顔を洗っても汚れが綺麗に落ちるわけではなく、逆に肌に負担をかけてしまいます。たっぷり泡立てた泡で優しく洗うようにして、決してこすらないようにしましょう。タオルで水分を拭き取る時にもごしごしとこするのではなく、水分を吸い込ませるように押し当てるようにしましょう。