column

男こそ美白が必要? 秋の肌に適したスキンケアとは

秋の肌には「空気の乾燥」や「夏の紫外線ダメージ」で疲れが溜まっています。正しいスキンケアでデリケートな秋肌を守り、肌トラブルを予防しましょう。男性の肌に適した保湿方法や有効成分をご紹介します!

column07_01
「秋は涼しくて過ごしやすい季節のはずなのに、なぜか肌の調子が悪い……」と悩んでいませんか?
実は秋の肌はとてもデリケートで、さまざまなトラブルを起こしがちです。
どのような原因が関係しているのか、秋肌を守るスキンケア方法とあわせてご紹介します!

秋に肌トラブルが増える原因とは

湿度低下による肌の乾燥

秋になって湿度が下がると空気が乾燥し、肌の水分も蒸発しやすくなります。
そのまま放置すると肌のバリア機能が低下し、かゆみが発生したり、ウイルスなどによる感染症を招く恐れがあります。
かゆみから肌をかきむしると、肌表面の角質層が剥がれ、さらにバリア機能が低下してしまいます。
湿度が下がる秋こそ、正しい保湿が必要不可欠なのです。
 

肌の水分不足

気温が下がると汗をかかなくなるため、肌が水分不足になります。
特にスキンケアをしていない男性は注意が必要です。
水分量が低下すると皮脂量ばかりが増えて、カサつくのにベタつく肌となってしまうでしょう。
 

夏の紫外線ダメージ

夏は1年のうちで最も紫外線量が多い季節です。
紫外線対策をしている女性はそれほどダメージが残りませんが、比較的無頓着な男性は注意が必要です。
夏に浴びてしまった紫外線が肌のコラーゲンを破壊して、シワやたるみを作り出してしまいます。
メラニン色素の増加によってシミができる可能性もあるでしょう。

秋の肌を守るスキンケア

column07_02

角質層の水分をキープする方法

肌の乾燥を防ぐには、角質層の水分を一定に保つことが大切です。
そのために有効なのが「ヒアルロン酸」「アミノ酸」などの保湿成分です。
これらが含まれた化粧品を使うことで肌の潤いをキープし、乾燥を防いでくれますよ。
 
乾燥が著しい場合は化粧水だけでなく、乳液も同時に使いましょう。
薬局で買えるワセリンや、市販のクリームもおすすめです。
ただし使用量が多いとベタつきの原因となるため、少量を薄く塗るか、さらりとした使い心地のものを選びましょう。
 

紫外線ダメージを改善する美白ケア

夏の間、無防備に紫外線を浴びてしまった肌には、美白化粧品によるケアがおすすめです。
「男が美白ケアなんて……」と思われるかもしれませんが、紫外線ダメージは忘れた頃に現れるので、早めのケアが大切ですよ。
美白したい場合は「アルブチン」「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」配合の化粧品を選びましょう。
 
なお、秋でも肌にダメージを与える紫外線は降り注いでいます。
長時間の外出時には日焼け止めを塗るようにしましょう。